2006年03月17日

☆パッチギ!☆ 〜へたはへたなりに〜 

パッチギ1.jpg

1968年かぁ〜!!

3丁目の夕日と力道山は、それより10年くらい

まえの話ですが…

少し時代が進みます。



グループサウンズ、耳にはしたけどまだわたしは小さかったです。

パッチギの映像は、そのころのファッションとかお化粧の仕方とか

微妙に再現されていたりして(特に女の人)昭和を感じました。

監督はこんな所にまで気を遣ってるー、と思ってしまいました。


最後に流れていた”あの素晴らしい愛をもう一度〜”

もあの頃流行った歌だったとおもいますが…

あの歌で映画自体がすごく暖かいものとして心の中に残ったようなきがします。


映画自体はすごく考えさせられる場面が多かったですから…

過去の朝鮮と日本の関係…

登場する主人公たちは対立しているものの、それほどお互いの国と国との

確執までは解っていません…
パッチギ.jpg

康介がキョンジャに恋をし”イムジン河”(北朝鮮と韓国

を隔てる河)の歌を通して心が通いだし、お互いに交流

する中で、過去の日本と朝鮮の関係を知る事になりま

す。




友達の葬式に行ったとき、日本人が朝鮮の人たちにしてきた事を聞かされ

"あなたの顔は見たくない、帰ってく・・・・・・・だ・さ・い"

とそうされてきた人にいわれてしまいます。


悲しみをこらえながら、康介はラジオ番組で”イムジン河”を歌います。

その歌が、キョンジャを康介の元へと走らせるんですね。


そうして、キョンジャの兄のアンソン(朝鮮高校の番長)もまた

つきあっていた人(日本人)との間に男の子の赤ちゃんが誕生し、

子供のように泣きじゃくります。

友達が  ”赤ちゃんがパパをなかしてるぞ〜”

                            って冷やかします。

もうそこには、日本と朝鮮の壁なんてありません。


映画の中で、数々の暴力シーン…(日本の高校生と朝鮮の高校生のけんか)

女だからでしょうか…

ちょっと、目を覆いたくなる事もありましたが、音楽と若者の情熱が

朝鮮と日本の確執を溶かし、架け橋になってくれていました。


命の重みを感じさせてくれた映画でした。

--------------------------------------------------------------

イムジン河

朴世永原詩・松山猛訳詞・高宗漢作曲

イムジン河 水清く とうとうと流る
水鳥 自由にむらがり 飛び交うよ
我が祖国 南の地 想いははるか
イムジン河 水清く とうとうと流る

北の大地から 南の空へ
飛び行く鳥よ 自由の使者よ
誰が祖国を 二つに分けてしまったの
誰が祖国を 分けてしまったの

イムジン河 空遠く 虹よかかっておくれ
河よ 想いを伝えておくれ
ふるさとを いつまでも忘れはしない
イムジン河 水清く とうとうと流る

        (Yahoo  イムジン河より引用)

posted by ゆきえ at 19:48| 愛媛 ☀| Comment(9) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

☆力道山☆

彼はいつも「成功」を望んでいた。
力道山.jpg

成功することで、自分の存在を確かめたかった。

それは、力士時代 ”朝鮮人” という理由で迫害

を受けていた上、横綱への道も閉ざされたからだ。

そして自分でマゲを切り、反骨心からプロレスラー

として、生きていく…

誰も信用せず、自分の力で栄光をつかんでいく。


彼がまだ成功していないとき、笑っていると、

”なぜ貧しい朝鮮人が笑っているんだ!!”と日本人にののしられた…

だから、成功して本当に笑えるようになるまで、笑う事と泣く事を封印た。

そうして、成功してからも ”朝鮮人” という事は、ずっと隠し通した。


TVショウで日本語で楽しそうに歌を歌っているとき、

かげりが見えだしてから海辺で故郷を思っているとき、

自分が ”朝鮮人” であるという事をどのように感じていたのだろう…


西洋風の豪邸に住み、西洋の食事をとり、西洋の薬を常用し、

それで果たして成功をつかんだのか…幸せだったのか…

”力道山”という偉大な名前に押しつぶされるかように

自分をコントロールできなくなっていく…

孤独との戦い…

でも本当に最後まで自分の信念を通した…

だから、敵もたくさんつくった。


”笑って暮らしたい”

それが、たった一つの望みだった…

そのために、どれだけ体や心を傷つけたのだろう…


戦争に敗れて活力を失ってしまった日本に希望と勇気をあたえてくれた”力道山”

39年の人生は短かったのか、それとも…

日韓合作の映画…

監督はどのような気持ちでこの映画を創りあげたのだろう…



--------------------------------------------------------------------------

力道山 (映画)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
移動: ナビゲーション, 検索

『力道山』は、日韓両国の共同製作、プロレスラー・力道山を題材とした映画。韓国では2004年12月に公開され、日本では2006年3月に全国上映される。

多くの現役日本人プロレスラーが出演しているのが特徴。

キャッチコピーは日本人がいちばん 力道山を知らない。

概要
日本の伝説的英雄である、力道山。だが、そこには知られざるエピソードと、朝鮮人である故の苦労があった。

監督 :ソン・ヘソン

キャスト
力道山:ソル・ギョング
綾:中谷美紀
吉町譲:萩原聖人
沖浜子:鈴木砂羽
葛西紘一:山本太郎
井村昌彦(木村政彦がモデル):船木誠勝
キム・イル:ノ・ジュノ
遠藤幸吉:秋山準
豊登:モハメド・ヨネ
ハロルド坂田:武藤敬司
東浪(東富士がモデル):橋本真也
ベン・シャープ:マイク・バートン
マイク・シャープ:ジム・スティール
アトミック:リック・スタイナー
アナウンサー:梶原しげる
菅野武雅:藤竜也



--------------------------------------------------------------------------

力道山(りきどうざん、1924年11月14日 - 1963年12月15日)は、第二次世界大戦終了後間もなく、日本で活躍し大人気を博したプロレスラー。元力士。176cm(プロレス時代の公称身長は180cm)、116kg。朝鮮半島時代に既に結婚し、子供もいたため公称生年月日より早く生まれていると思われる。

戸籍名は百田光浩(ももたみつひろ)。 1940年に初土俵、1946年に入幕し、1949年に関脇に昇進するが、1950年に自ら髷(まげ)を切り廃業、1951年にプロレスに転向する。1952年に渡米し、翌年帰国して日本プロレス協会を設立する。シャープ兄弟をはじめとする外人レスラーを空手チョップでばったばったとなぎ倒す痛快さで、1953年にテレビ放送が開始された事も重なり日本中のヒーローとなる。

1963年12月8日に、赤坂のキャバレー(「ニュー・ラテン・クォーター」)で暴力団員に腹部を刺されて山王病院に入院。その傷が元で12月15日に死亡した。

今日のプロレス界の礎を築いた人物である。ジャイアント馬場、アントニオ猪木も彼の弟子であった。力道山は、特に馬場を特別可愛がったが、猪木への対応は冷酷だったと言う。その点、一番可愛がったのは大木金太郎であると言われる。また、その人気と功績から、広辞苑にも名前が載っている。






posted by ゆきえ at 18:00| 愛媛 ☁| Comment(7) | TrackBack(15) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

☆第29回日本アカデミー賞☆

あ〜うれしい!!
今日、PM9時から、第29回日本アカデミー賞の授賞式の放送が
ありました。

やっと今見る事が出来ました。というのも、子供にチャンネル権を奪われまして、
今ビデオを見終わったところです。


まず、一番うれしかったのは、吉岡秀隆君が最優秀主演男優賞に選ばれた事です。

個人的に大好きな人なので、(以前のブログのコメント欄にも書いていましたが、)
吉岡君が出るとステキな作品ができあがる…
”北の国から”も”ドクターコトー”も独特の雰囲気を出しています。
決して、かっこいいタイプでもないし、目立つタイプでもないけれど、
演技派俳優…とても魅力があります!!


”ALWAYS三丁目の夕日”の映画…
実際に映画館で見られてホントにラッキーでした。


昭和33年…
わたしが生まれる少し前の時代…

でも映画に出てくるいろいろな場面は、わたしが小さい頃まだありました。
ものがあまり豊富ではなかったけれど、
毎日が楽しくて、新しいものがどんどん出てきて、感動して…
日進月歩っていうんでしょうか…

でもこの時代の良さをこんな風に映画として形にしてくれた皆さんに
本当に感謝したいです。
わたしの一生の宝物の映画です。

いい映画に出会えてよかった。
これからも、こういういい映画に出会えたらいいなぁ〜
と、つくづく感じる最高の日になりました!!

ちなみに、
     最優秀主演男優賞 … 吉岡秀隆   …「ALWAYS 三丁目の夕日」
     最優秀主演女優賞 … 吉永小百合  …「北の零年」
     
     最優秀助演男優賞 … 堤 真一   …「ALWAYS 三丁目の夕日」
     最優秀助演女優賞 … 薬師丸ひろ子 …「ALWAYS 三丁目の夕日」

     最優秀監督賞   … 山崎 貴   …「ALWAYS 三丁目の夕日」

     最優秀作品賞   … ぴかぴか(新しい) 「ALWAYS 三丁目の夕日」 ぴかぴか(新しい)

余談… 
    三丁目の夕日の六子の役の女の子が、”野ブタをプロデュース”の
    堀北真希だとは知らなかった…
     



posted by ゆきえ at 01:36| 愛媛 ☀| Comment(9) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

☆県庁の星☆

   ☆県庁の星☆
県庁の星2.jpg

解説: 「白い巨塔」など数々のヒットTVドラマを手掛けてきた西谷弘の劇場映画デビュー作は、キャリア官僚とパート店員が衝突を繰り返しながらも協力して三流スーパーの改革に乗り出す人間ドラマ。出世欲丸出しの官僚に織田裕二、彼の教育係で現場主義の店員に柴咲コウがふんし、コミカルな掛け合いを披露する。『踊る大捜査線』シリーズではノンキャリアの熱血刑事を演じた織田が、融通の利かない公務員を好演して新境地を開拓している。

ストーリー: K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕二)は、ある時、民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれるが、研修先は客もまばらなスーパー。しかも野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は、年下のパート店員だった。
(yahoo引用)

*****************
いやぁ〜!!おもしろかった!!   待ちに待った公開!!

個人的な趣味というか、興味がありまして…(ストーリーが…)
県庁のエリートとスーパーの店員の組み合わせなんて誰が考えたんでしょうか。
でもストーリーが思ったより、良かった。
単なるぶつかり合いを、おもしろおかしく物語にしているのかと思いきや
感動してしまった…

特に心に残った言葉は、

“今、目の前にある問題から逃げる人は、人生のいかなる問題からも逃避する”
県庁の星1.jpg

と言う言葉…多少違っていたかもいれませんが…
上映中、2度ほどこの言葉が出てきました。

それと、もう一つ…
これは、映画を見ないと解らないとは思いますが

“はやく 手 あらつて”

です。映画の中盤以降に、調理する男の人が県庁さんに言った言葉…
水と油が混ざり合うところ…というか心と心が通い合うところ…
仲間になるという事…

ジーンと来ました…

(1回目に県庁さんが ”手洗て” の ”っ”が抜けてると指摘した所ではありません…
 このときは、観てる人みんなちょっと、笑いなんですけどね。)

で、おもしろかったのは、(興味を持ったのは)スーパーで独身の人のために
コンビニのように独身の人が必要なものを1つのコーナーに集めるということ。
それだと、いろいろ回らなくてもさっと短時間で買い物が出来るというアイデア…

それをみていて、わたしも考えた。
主婦としては、“独身の人のためのコーナー”のように“主婦のお助けコーナー”
があればいいなぁ、と思った。
そこは、3品くらいのメニュー、たとえば、“すき焼き”と“麻婆豆腐”と“カレー“
といった具合にその献立に必要な材料がおいてある。(3つの献立の中からチョイス。)
短時間でパパッと買えて献立も考えなくて便利!!
それが、毎日変わるともっといいと思う。

この映画は、男の人が見るとまた違った視点で見ると思う。
組織についてとか、出世とか…男にとっての仕事とか生き甲斐とか…
お役所仕事と民間の仕事…
現実に山積みになっている問題も盛り込まれていると思うけれど、
難しい事はわたしには解りません…

でも、この映画を観ると何か自分にプラスになる映画であることは間違いありません。

posted by ゆきえ at 21:25| 愛媛 ☁| Comment(17) | TrackBack(21) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

☆ALWAYS三丁目の夕日☆

三丁目の夕日.jpg

昭和33年  〜東京タワーが完成するこの年〜
東京の下町の夕日町三丁目には個性豊かな住民たちが暮らしていました。

ある春の日のこと、短気だけど家族思いの父親・則文とやさしい母親・トモエやんちゃな小学生の息子・一平が暮らす自動車修理工場”鈴木オート”に、星野六子が集団就職で上京してきました。 

一方、”鈴木オート”の向かいに住んでいる、駄菓子店の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)…
茶川竜之介は、芥川賞の最終選考に残ったこともあるけれど、
今は三流の少年誌に子供向けの冒険小説を執筆しつつ
細々と生活しているしがない小説家です。
三丁目の夕日2.jpg

そんな彼が恋心抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のところに
引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)が連れられてきました。
その夜、ヒロミの店で呑んでいた茶川はよっぱらた勢いで淳之介を預かることに…






”鈴木オート”の夫婦と六子
  自分の子供(一平)と同じように、六子に暖かく接してあげ、
  仲良く生活をしています。

”鈴木オート”の一平と淳之介
  一平はとてもやんちゃだけど、優しさも持ちあわせている子で
  淳之介のおかあさんを捜しに淳之介と一緒に冒険の旅に出かけます。

茶川竜之介と淳之介  
  ”心配させんなよ〜、赤の他人なんだからな…”
  というシーンにはジーンときました。(涙)

茶川竜之介とおかみのヒロミ 
  お金がないから、からっぽの箱だけの婚約指輪を渡します。
  でも、ヒロミはその指輪を指に入れてもらい、”きれい”とうれしそうに
  つぶやきます。

    今みたいに、物が豊富ではなかったけれど、すべての人間関係がとても
    暖かく描かれていて、心を豊かにしてくれる作品でした。

    最後に出てくる夕日がその暖かさをすべて物語っているように
    きれいに輝いていました。      
 

posted by ゆきえ at 17:59| 愛媛 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

☆人を愛すること・許すこと・信じること☆

消しゴム3.jpg

”私の頭の中の消しゴム”っていう映画、もう皆さんは見たでしょうか…

     彼女の記憶が消えていく
         死より切ない別れがある


工事現場で働く大工チョルスと社長令嬢スジン
住む世界の違う2人がコンビニで出会い
恋に落ちる

愛を信じず一人で生きてきたチョルスはスジンの愛にとまどいながらも人を愛すること・許すこと・そして信じることを覚えていく

消しゴム2.jpg

目もくらむほど幸せな新婚の日々…

スジンの物忘れが深刻になっていったのは、それから間もなくのこと…
スジンが宣告された言葉は

   ”若年性アルツハイマー”

肉体的な死より精神的な死が先に訪れる病気…

この日から失われていく、記憶をつなぎ止めるための
戦いがはじまる…
消しゴム.jpg

主演のチョン・ウソンが
   ”男女の愛を超えて家族愛も描いたすばらしい作品”
  と紹介していましたがまさにその通りの作品でした。黒ハート

ハンカチや女性なら化粧直しも必要な感動の映画です。ぴかぴか(新しい)

posted by ゆきえ at 15:00| 愛媛 ☀| Comment(5) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。