2005年11月14日

☆ALWAYS三丁目の夕日☆

三丁目の夕日.jpg

昭和33年  〜東京タワーが完成するこの年〜
東京の下町の夕日町三丁目には個性豊かな住民たちが暮らしていました。

ある春の日のこと、短気だけど家族思いの父親・則文とやさしい母親・トモエやんちゃな小学生の息子・一平が暮らす自動車修理工場”鈴木オート”に、星野六子が集団就職で上京してきました。 

一方、”鈴木オート”の向かいに住んでいる、駄菓子店の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)…
茶川竜之介は、芥川賞の最終選考に残ったこともあるけれど、
今は三流の少年誌に子供向けの冒険小説を執筆しつつ
細々と生活しているしがない小説家です。
三丁目の夕日2.jpg

そんな彼が恋心抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のところに
引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)が連れられてきました。
その夜、ヒロミの店で呑んでいた茶川はよっぱらた勢いで淳之介を預かることに…






”鈴木オート”の夫婦と六子
  自分の子供(一平)と同じように、六子に暖かく接してあげ、
  仲良く生活をしています。

”鈴木オート”の一平と淳之介
  一平はとてもやんちゃだけど、優しさも持ちあわせている子で
  淳之介のおかあさんを捜しに淳之介と一緒に冒険の旅に出かけます。

茶川竜之介と淳之介  
  ”心配させんなよ〜、赤の他人なんだからな…”
  というシーンにはジーンときました。(涙)

茶川竜之介とおかみのヒロミ 
  お金がないから、からっぽの箱だけの婚約指輪を渡します。
  でも、ヒロミはその指輪を指に入れてもらい、”きれい”とうれしそうに
  つぶやきます。

    今みたいに、物が豊富ではなかったけれど、すべての人間関係がとても
    暖かく描かれていて、心を豊かにしてくれる作品でした。

    最後に出てくる夕日がその暖かさをすべて物語っているように
    きれいに輝いていました。      
 

posted by ゆきえ at 17:59| 愛媛 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゆきえさ〜ん
 この映画も見てきたんですか〜いいなぁ・・・
 私、邦画はあまり好きじゃないんだけど、「この映画はみたいなぁ〜」と思って、
 昨日家族にも 言ってたところです。
 予告の・あの時代の・あの雰囲気いいなぁ〜〜と・・・すごく惹かれます。
Posted by カレン at 2005年11月15日 10:03
>カレンさん
あの時代のあの雰囲気…ホントいいですね!!
みんながお互いに自然に助け合うことが出来ていて、タイムスリップ出来るものならば、行ってみたいです♪

吉岡秀隆君、ファンなんです♪
”北の国から”の時も”ドクターコトー”の時もあの独特の雰囲気…つい引き込まれてしまいます。
スタッフに恵まれてるのか、演技がうまいのか、その人のオーラなのか、何なのか解らないけど、あの人が出るとステキなものができあがる…
すごいなぁ〜!!って思います。

カレンさんもこの映画観たかったんですか?
この間のコメントでは、映画には興味がないのかなぁ…と思ってしまいました。
もし、今度観たい映画があったら言ってください。前も言ったように、ホラー以外なら観たいので…
わたしも、いつもは邦画はほとんど観ませんでした。洋画のほうが観る機会多かったです。
でも、この映画は、邦画でしか表現できない良さがたくさんありました…邦画も侮れません…

Posted by ゆきえ at 2005年11月15日 19:53
ゆきえさん、ほんとですね。
この映画は、邦画でしか表現できない良さがありそうですね。

私、最近、見てないんですよね。ビデオも借りてなくて…
映画のこと知らなくて、遅れてます。
でも、映画・好きですよ。

この間は、『蝉しぐれ』の予告を見て、まず、本を読みました。
本を読んだら映画はイメージが違ったりするので見たいとは思わないのですが、この作品は、どのような映画に仕上げているのか・見てみたいなと思いました。・・・見てないのですが・・・

ALWAYSは、近くの映画館でしていたら、明日は千円デーだし、飛んでいくのですが、残念なことにちょっと、遠いので、検討中です。



Posted by カレン at 2005年11月15日 22:41
映画を観た記憶だけで何も調べたりしないでこの記事を
書いたのですか?

そうだとしたら、ゆきえさんの記憶力すごい!!
Posted by はる at 2005年11月16日 15:55
>カレンさん
ALWAYS今日観たのかなぁ〜?
また観たら、カレンさんの感想など聞かせてくださいね!
”蝉しぐれ”もおもしろそうな映画ですね!自然の描写が美しいらしいので、それだけでも観る価値ありかな、と思いました。
ほかに、”ブラザーズ・グリム”とか、”エリザベスタウン”とかもいいなぁ〜と思っています。

>はるさん
まさかです!

映画を観るときは、まず何も予備知識なし(ほぼ真っ白な状態)で観ます。
そして、観た後どんなストーリーだったっけ!?
って、ストーリーだけ調べて書いて、それで感想は自分が思ったこと書きます。他の人の感想は読みません。(先に読むと自分の考えが解らなくなったりするといやなので)自分が書いた後、他の人の感想などふれる機会があれば読んだりもします。
ですから、記憶力はありませんよ〜!!

それから、今度からは少し予備知識をつけてからみるのもいいかなぁ、と思っています。
Posted by ゆきえ at 2005年11月16日 23:10
昨日は用があって行けませんでした。
“蝉しぐれ”も終わってるし…
ほんと、“蝉しぐれ”は、映像が興味ありますよね。
そして、原作のあの『凛』とした感じ(私の感想ですが)をどこまで描けているか・・
興味あります。
結局、レンタル待ちになっちゃうかも…

“ブラザーズ‥”も“エリザベス‥”も面白そうですね。
(わかんないので、ストーリーを調べましたぁ)

ゆきえさんも、はるさんも
・・・見たり・聞いたりした事を実に良く覚えていて、またそれについて、的確な感想が言える・・・
私はいつも、「あれっ? 感想ねぇ・・・?」
って、感じなので、ほんと、羨ましいです。
Posted by カレン at 2005年11月17日 11:06
>カレンさん
また、ほめすぎ!
カレンさんの言う”感想”って、=”コメント”ってことかなぁ!?
記事に載せてるのは半分以下だものね!  コメントの方が断然多い…
(でもまぁ、そんなことどうでもいいや〜)

わたし感想文は苦手なんですよ…
カレンさんは本をたくさん読まれているから、感想文も得意そう♪
(小学校の夏休みの宿題の感想文は、とにかくとても困りました。)

”蝉しぐれ”もう終わっていたんですね…
残念です。わたしも、レンタル出たら借りますね♪
Posted by ゆきえ at 2005年11月17日 16:33
ゆきえさん
 私が感心している『感想』は、もちろん記事の事ですよ〜

 それから、わったし、本・読んでないんですよ。
 最近、続けて読んでるだけで・・でも、今は読みたい気分でいっぱいです。  
 しかし、暇なようでも、なかなか時間が・・・
Posted by カレン at 2005年11月17日 17:06
カレンさん
見たり聞いたりしたことそんなに覚えていませんよ。
私が書いた健康講座のときもお味見会のときも資料を頂いたので書けただけです。
でも他の方が読まれて何処まで伝わっているかはわかりませんが?

 時間があえば3人で映画観に行きたいですね!
Posted by はる at 2005年11月17日 21:07
はるさん
お二人とも、充分・伝わっていますよ。

映画・行きたいですね〜☆
Posted by カレン at 2005年11月17日 21:57
>はるさん&カレンさん
そうですね!!
デートしましょう〜♪
Posted by ゆきえ at 2005年11月18日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9330232

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。