2006年03月17日

☆パッチギ!☆ 〜へたはへたなりに〜 

パッチギ1.jpg

1968年かぁ〜!!

3丁目の夕日と力道山は、それより10年くらい

まえの話ですが…

少し時代が進みます。



グループサウンズ、耳にはしたけどまだわたしは小さかったです。

パッチギの映像は、そのころのファッションとかお化粧の仕方とか

微妙に再現されていたりして(特に女の人)昭和を感じました。

監督はこんな所にまで気を遣ってるー、と思ってしまいました。


最後に流れていた”あの素晴らしい愛をもう一度〜”

もあの頃流行った歌だったとおもいますが…

あの歌で映画自体がすごく暖かいものとして心の中に残ったようなきがします。


映画自体はすごく考えさせられる場面が多かったですから…

過去の朝鮮と日本の関係…

登場する主人公たちは対立しているものの、それほどお互いの国と国との

確執までは解っていません…
パッチギ.jpg

康介がキョンジャに恋をし”イムジン河”(北朝鮮と韓国

を隔てる河)の歌を通して心が通いだし、お互いに交流

する中で、過去の日本と朝鮮の関係を知る事になりま

す。




友達の葬式に行ったとき、日本人が朝鮮の人たちにしてきた事を聞かされ

"あなたの顔は見たくない、帰ってく・・・・・・・だ・さ・い"

とそうされてきた人にいわれてしまいます。


悲しみをこらえながら、康介はラジオ番組で”イムジン河”を歌います。

その歌が、キョンジャを康介の元へと走らせるんですね。


そうして、キョンジャの兄のアンソン(朝鮮高校の番長)もまた

つきあっていた人(日本人)との間に男の子の赤ちゃんが誕生し、

子供のように泣きじゃくります。

友達が  ”赤ちゃんがパパをなかしてるぞ〜”

                            って冷やかします。

もうそこには、日本と朝鮮の壁なんてありません。


映画の中で、数々の暴力シーン…(日本の高校生と朝鮮の高校生のけんか)

女だからでしょうか…

ちょっと、目を覆いたくなる事もありましたが、音楽と若者の情熱が

朝鮮と日本の確執を溶かし、架け橋になってくれていました。


命の重みを感じさせてくれた映画でした。

--------------------------------------------------------------

イムジン河

朴世永原詩・松山猛訳詞・高宗漢作曲

イムジン河 水清く とうとうと流る
水鳥 自由にむらがり 飛び交うよ
我が祖国 南の地 想いははるか
イムジン河 水清く とうとうと流る

北の大地から 南の空へ
飛び行く鳥よ 自由の使者よ
誰が祖国を 二つに分けてしまったの
誰が祖国を 分けてしまったの

イムジン河 空遠く 虹よかかっておくれ
河よ 想いを伝えておくれ
ふるさとを いつまでも忘れはしない
イムジン河 水清く とうとうと流る

        (Yahoo  イムジン河より引用)

posted by ゆきえ at 19:48| 愛媛 ☀| Comment(9) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。