2006年02月25日

☆県庁の星☆

   ☆県庁の星☆
県庁の星2.jpg

解説: 「白い巨塔」など数々のヒットTVドラマを手掛けてきた西谷弘の劇場映画デビュー作は、キャリア官僚とパート店員が衝突を繰り返しながらも協力して三流スーパーの改革に乗り出す人間ドラマ。出世欲丸出しの官僚に織田裕二、彼の教育係で現場主義の店員に柴咲コウがふんし、コミカルな掛け合いを披露する。『踊る大捜査線』シリーズではノンキャリアの熱血刑事を演じた織田が、融通の利かない公務員を好演して新境地を開拓している。

ストーリー: K県庁のキャリア公務員・野村聡(織田裕二)は、ある時、民間企業との人事交流研修のメンバーに選ばれるが、研修先は客もまばらなスーパー。しかも野村の教育係・二宮あき(柴咲コウ)は、年下のパート店員だった。
(yahoo引用)

*****************
いやぁ〜!!おもしろかった!!   待ちに待った公開!!

個人的な趣味というか、興味がありまして…(ストーリーが…)
県庁のエリートとスーパーの店員の組み合わせなんて誰が考えたんでしょうか。
でもストーリーが思ったより、良かった。
単なるぶつかり合いを、おもしろおかしく物語にしているのかと思いきや
感動してしまった…

特に心に残った言葉は、

“今、目の前にある問題から逃げる人は、人生のいかなる問題からも逃避する”
県庁の星1.jpg

と言う言葉…多少違っていたかもいれませんが…
上映中、2度ほどこの言葉が出てきました。

それと、もう一つ…
これは、映画を見ないと解らないとは思いますが

“はやく 手 あらつて”

です。映画の中盤以降に、調理する男の人が県庁さんに言った言葉…
水と油が混ざり合うところ…というか心と心が通い合うところ…
仲間になるという事…

ジーンと来ました…

(1回目に県庁さんが ”手洗て” の ”っ”が抜けてると指摘した所ではありません…
 このときは、観てる人みんなちょっと、笑いなんですけどね。)

で、おもしろかったのは、(興味を持ったのは)スーパーで独身の人のために
コンビニのように独身の人が必要なものを1つのコーナーに集めるということ。
それだと、いろいろ回らなくてもさっと短時間で買い物が出来るというアイデア…

それをみていて、わたしも考えた。
主婦としては、“独身の人のためのコーナー”のように“主婦のお助けコーナー”
があればいいなぁ、と思った。
そこは、3品くらいのメニュー、たとえば、“すき焼き”と“麻婆豆腐”と“カレー“
といった具合にその献立に必要な材料がおいてある。(3つの献立の中からチョイス。)
短時間でパパッと買えて献立も考えなくて便利!!
それが、毎日変わるともっといいと思う。

この映画は、男の人が見るとまた違った視点で見ると思う。
組織についてとか、出世とか…男にとっての仕事とか生き甲斐とか…
お役所仕事と民間の仕事…
現実に山積みになっている問題も盛り込まれていると思うけれど、
難しい事はわたしには解りません…

でも、この映画を観ると何か自分にプラスになる映画であることは間違いありません。

posted by ゆきえ at 21:25| 愛媛 ☁| Comment(17) | TrackBack(21) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。