2005年11月21日

久万〜面河〜石鎚スカイラインで紅葉狩り

11月20日(日)晴れ晴れ
IMG_雲.JPG

今日は、朝から天気が良くドライブ日和でした。

ずっと前から行きたかった紅葉狩り…
学校の行事などで、毎週日曜日がつぶれていたので今日行くことに…



珈○で、軽くブランチした後、砥部焼きの器を売っているところで休憩〜
白に蒼を基調にした色、所々に朱色もみられてとても魅力的な器たち…
後ろ髪を引かれながら、休憩を終え出発〜

まずは、三坂峠に入りました。
すると、ススキたちがお出迎え♪
天気が良かったので、黄金色に輝いて一斉に”こんにちわ〜!!”
と歓迎してくれました。

久万町に入ると、赤や黄色や黄緑の葉っぱが、細くて長い枝から
手を振るように小さく揺れて、とてもきれいでした。
中でも、燃えるような紅葉が印象的でした。

IMG_紅葉.JPG

途中で休憩した古岩屋○の前での景色です。
まるで、タイムスリップしたかのような風景に見とれながら
歩いていると、カサコソと足下で音がします…
紅葉の葉っぱでした。
上へ上へと降り積もり、幾重にも重なってふわふわの絨毯のようになっていました。


また、車を走らせて、だんだん奥へと入っていきます。

面河にはいると、なめらかな緑色の石が、川のあちこちに見られ始めます。
川の水もさらに澄んできて、川底の石がキラキラと輝き、
車を走らせながらでも手をのばせば、すぐにでも採れそうな感じでした。

IMG_アフロ.JPG

そうこうしているうちに、石鎚スカイラインにはいりました。
(わたしは、初めて通りました。多分…昔走ったような気もしないでもないですが、忘れました。)
もう、この辺にくると紅葉は終わり、木々たちは遠くからだとロマンスグレー…
モコモコと、まるで白髪のアフロの様!!
わいわい言いながら通りました。



IMG_幻想的雪景色.JPG

頂上までくると、そこには雪が降った後が…
確かに冬の足跡が残っていました。
あたりは、白くて雲の中のよう…
白い水蒸気が太陽の光を遮ります。



幻想的な景色にじゅうぶんひたった後、
Uターンして帰ることに…

途中、面河のふるさと市場で休憩〜
いろいろな、山の幸がおいしそうなにおいとともに
わたしたち家族を誘います。

アマゴやアユの塩焼き…400円
    (まるごと串に刺してその場で焼いています。)

焼きトウモロコシ  …300円

でんがく      …100円
    (里芋とジャガ芋、もち、こんにゃくの3種類に山椒とみそを合わせたものを
     つけて焼いています。)

その他、焼き餅とかいろいろありました。

家族連れや恋人同士とか友達同士などいろんなひとたちがいました。

私の隣で食べていた20歳くらいの3人の男の子がいましたが
友達同士で来ているみたいでした。
その人たちは、アマゴの塩焼きを
”やっべぇ〜、やっべぇ〜、バリウマ〜!!”
とか言いながら、一気に3匹食べていました。
びっくりしました。

でもそのくらいおいしかったです。ウチの子も、アマゴの塩焼きが
一番おいしかったようでした。
わたしは、アマゴの塩焼きとでんがくが気に入りました♪
60台くらいとめられる駐車場がいっぱいで、とてもにぎやかでした。

そうして、ふるさと市場も後にして、車を走らせながら夕暮れを見て
暗くなり、家に着きました。

秋と冬を同時に楽しむことが出来た1日でした。





















posted by ゆきえ at 00:01| 愛媛 ☁| Comment(7) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

☆ALWAYS三丁目の夕日☆

三丁目の夕日.jpg

昭和33年  〜東京タワーが完成するこの年〜
東京の下町の夕日町三丁目には個性豊かな住民たちが暮らしていました。

ある春の日のこと、短気だけど家族思いの父親・則文とやさしい母親・トモエやんちゃな小学生の息子・一平が暮らす自動車修理工場”鈴木オート”に、星野六子が集団就職で上京してきました。 

一方、”鈴木オート”の向かいに住んでいる、駄菓子店の店主・茶川竜之介(吉岡秀隆)…
茶川竜之介は、芥川賞の最終選考に残ったこともあるけれど、
今は三流の少年誌に子供向けの冒険小説を執筆しつつ
細々と生活しているしがない小説家です。
三丁目の夕日2.jpg

そんな彼が恋心抱く一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)のところに
引き取り手のない少年・淳之介(須賀健太)が連れられてきました。
その夜、ヒロミの店で呑んでいた茶川はよっぱらた勢いで淳之介を預かることに…






”鈴木オート”の夫婦と六子
  自分の子供(一平)と同じように、六子に暖かく接してあげ、
  仲良く生活をしています。

”鈴木オート”の一平と淳之介
  一平はとてもやんちゃだけど、優しさも持ちあわせている子で
  淳之介のおかあさんを捜しに淳之介と一緒に冒険の旅に出かけます。

茶川竜之介と淳之介  
  ”心配させんなよ〜、赤の他人なんだからな…”
  というシーンにはジーンときました。(涙)

茶川竜之介とおかみのヒロミ 
  お金がないから、からっぽの箱だけの婚約指輪を渡します。
  でも、ヒロミはその指輪を指に入れてもらい、”きれい”とうれしそうに
  つぶやきます。

    今みたいに、物が豊富ではなかったけれど、すべての人間関係がとても
    暖かく描かれていて、心を豊かにしてくれる作品でした。

    最後に出てくる夕日がその暖かさをすべて物語っているように
    きれいに輝いていました。      
 

posted by ゆきえ at 17:59| 愛媛 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

〜タイムスリップ〜

merry.gif   〜18歳の夏休み〜

自宅から10分歩いて汽車に乗り(そのころは電車ではなく、汽車でした)
汽車で30分くらいゆられて駅に着き
そこから、20分歩いて、合計1時間かけてある場所に向かいます。

汽車に揺られながら、
”あー、ワクワクするなぁ〜黒ハート
でも、わたしのことみんな受け入れてくれるかなぁ〜”
そんなことを考えていました。

そこに着くと、すごい騒音!!なにがなんだか…まずは圧倒されました。
ちびっ子たちが次から次へとなだれ込んできている感じです。

担任の先生が、
”登園した子がシールはるから、見てあげてくださいね!”
というので、女の子が来たので、その女の子とシールを仲良く話しながら
はっていました。

するといきなり、後ろから思いっきり”バシッ”どんっ(衝撃)
と男の子にたたかれてしまいました。

”いた〜!!何するの!わたしなんにもしてないのに〜”

と思いましたが、担任の先生がいる手前、
”たたいたらだめだよ〜”とやさしくいいました。
するとその子は、くちをとがらせて、”ふん”とあっちへいってしまいました。

その次の日も同じように、”バシッ”どんっ(衝撃)とたたかれました。

”こいつ〜!!昨日も注意したでしょう!!まだ解らないの〜”ダッシュ(走り出すさま)
と心の中で思いましたが、昨日と同じように対応…すると、その子も同じ…

その日帰ってから、考えました…
なぜ、あの子はわたしをたたくの?わたし、あの子に対して悪いことしてないのに…

…待てよ …もしかして、”自分が来たよ〜”というのを、わたしに知らせたいから!?
       
           exclamation×2…そうかもしれない…exclamation×2

次の日、また同じように   ”バシッ”どんっ(衝撃)
わたしは、”おはよう!!○○君来たんだね〜”るんるん
といいました。すると、その子すごくうれしそうな顔をして
”おはよう!!先生あそぼ〜!!”って!!るんるん

やっぱりそうだったんだ!!自分が来たよ〜っていうのを知らせたかっただけなんだ。
そう納得しました。

でもそう納得したのもつかの間
次の日、今度は登園するなり   ”ガブッ”どんっ(衝撃)
背中を思いっきり噛みつかれました!!
これには、当時温厚なわたしも切れました!!

”てめぇ〜、この〜、まちやがれ〜”

と言葉には、出しませんでしたが心の中ではきっとこう叫んでいたでしょう!!

その子も、”マズイ”と思ったのか全力疾走で逃げました。
わたしは、逃がすものかと真剣に追っかけました。無言で…
どこまでも追っかけてくるので、その子は、安全地帯だと思う
職員室に逃げ込みました。
でもわたしは、職員室だろうがなんだろうが
とっつかまえてやると思っていたので、職員室まで追っかけて
取り押さえました。
園長先生も主任の先生もいましたが…

わたしは、手首を思いっきりつかみ、その子はそれでも逃げようともがき
でも、大人のわたしにその子は力ではかないません。
それほど、大人げない力で押さえていたのです。exclamation×2
”なんで噛むの?先生噛まれたらうれしくない!すごくいたかった!!たらーっ(汗)
 ○○君は噛まれたらうれしい?うれしくないよね!
 なにか、して欲しいことがあるんだったら、おくちでいってくれる!!”
園長先生も主任の先生もいる前で、力は大人げなかったけど
口調はできるだけ冷静に言いました。

その日自宅に帰ってから、
怒りすぎたかなぁ〜!!明日その子休んだらどうしよう!!

きょうは、行きたくないなぁ…と思いながら汽車に揺られ
保育室に到着

すると、満面の笑顔で
”先生、おはよう!!いま片づけるから、片づけ終わったらあそぼ〜!!”るんるん
って、言ってきたではありませんか!!

それからというもの、その子はわたしから見れば180度変わったように見えました。
わたしが、重い机を運んでいると、
”先生、手伝うよ!!”るんるん
と一番先にとんできてくれるし、乱暴はしなくなるし
友達とも仲良く遊ぶし、とてもなついてくれました。

そうこうしているうちに2週間くらいだった実習が終わりました。

何日かして、またそこにいく機会があり、行くと
みんな、”わぁ〜”と寄ってきてくれました。
でも、荷物のことまで気がついたのはその子で
”先生荷物持つよ!!ここに入れたらいいからね!!”るんるん
と運んでくれました。
 
いま考えてもよく職員室までおっかけたなぁ〜とか
園長先生や主任の先生、担任の先生見守ってくれてありがとう〜とか
あの子こどもらしくてかわいかったなぁ〜とか
何十年もたっても、何十年もたったからこそ、
懐かしくとてもいい思い出になりました。ぴかぴか(新しい)


 






posted by ゆきえ at 21:31| 愛媛 ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けんか

この間の出来事

いつものように、学校から帰ってきてからすぐ友達と遊んでくると
出かけたウチの子

ただいまと帰ってきたのはいいけれど
とても悔しそうに泣いているたらーっ(汗)

”珍しい〜”exclamation

友達と遊んで泣いて帰ってくるのは、生まれて初めてだったので

”でも、まぁこんなこともあるよ”

とあまり気にしていなかったんだけど、
帰ってくるなりすごい怒りようでその怒りを話してくれた。

話を聞いて、
”ふーん、悔しかったんだね…でも初めてだから少し様子をみたら〜
またそういうことがあったら、言わないとね”

といったんだけど、本人は怒りが収まらず、直接今から電話をかける
ということになりました。

”それで気が済むんだったらいいよ”
と本人の意志に任すことに…

”じゃぁ、おかあさんは2階で洗濯物を片づけてるから
電話かけなさい”
といって2階にあがりました。

すると、しばらくして1階から
”おかあさ〜ん、ともだちのおかあさんがおかあさんに変わってだって”
と声が聞こえました。

”おかあさ〜ん、電話だって〜!!あっ!おかあさんはわたしだ!!”

急いで、1階におり

わたし ”も、もしもし…”

友 母 ”ごめんね〜嫌な思いさせて〜まだウチの子帰ってないんよ〜
     帰ってきたら、すごく怒るから〜
     許してやってね〜
     これからも仲良くしてね〜
     
     それから、帰ったら子供にも電話させるから〜”

と友達のおかあさん…

わたし ”いいえ〜、ウチの子も悪いことするときもありますから
     これからも仲良くしてください!!”

このときほど、子供の友達とそのおかあさんに恵まれたこと
感謝したことはありませんでした。ぴかぴか(新しい)
それと、子供の解決する力が育っていることにも
感謝しました。ぴかぴか(新しい)

明日は、小学校のバザーです。
役員なので、1日お手伝いです。
今日も、午前中は仕事で午後から準備でした。
いつも、お世話になっている小学校なので、
頑張って、お手伝いしたいと思います。るんるん


posted by ゆきえ at 19:07| 愛媛 ☀| Comment(4) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

”Iっこ祭り”

Iっこまつり.bmp

今日は、小学校の”Iっこ祭り”に行ってきました。るんるん

”Iっこ祭り”は1,2年生の生活科の行事のひとつです。

保護者、上級生、保育園の子供たち、高齢者クラブの方々をお招きして子供たちが自ら考えて、計画を立て、

「じぶんたちのちからでやってみる」事を学び、

また、お客さんと触れあって「ひととかかわるちから」を身につける

ということを目的としたお祭りです。るんるん



…というのは、”表向き”で本当は1,2年生の先生方を中心にして

校長先生、教頭先生をはじめ、小学校の先生方が

上級生の子供たちや地域の人たち、そしてわたしたち保護者が

楽しんで1,2年生の子供たちと関われる場所を提供してくれました。


仕事を終えてからの参加でしたが、
とても、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。るんるんぴかぴか(新しい)

小学校の先生方ありがとうございました。黒ハート
posted by ゆきえ at 21:16| 愛媛 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ミュージカル

昨日は、文化の日るんるん

ということでもないんですが、ミュージカルを観てきました。

”銀河鉄道の夜”です。2枚手に入ったので、
一番下の子と行くことに…

前の方の席だったのでとても迫力がありました。
でも、内容が少し下の子には難しかったようで、ぽかーんとしていたようです。

わたしも、”頭の中の消しゴム”の余韻があるためか、
涙まではでませんでした。

ミュージカルが終わって、外に出たとき
若い男の子2人が、”いいもの観せてもらったー!!”と、とても感動して
涙を少し浮かべていました。ぴかぴか(新しい)
わたしくらいの女の人も、何人かは感動してハンカチで涙を拭いていました。ぴかぴか(新しい)
きっと、感動のミュージカルだったのでしょう…

帰ってから、晩ご飯での出来事…
真ん中の子が

”どうして、何の説明もなくいくん?”

”あー、内容ね!!みんなの幸せを探しに行く話よ!!
 それで、大事なお友達が…(説明)”

”じゃなくて、なんで何の説明もなしに僕じゃなくて
 一番下をつれていったん!!”

”え〜!!だって、興味ないと思ったから!!友達と遊んだり、ゲームしてたほうが
 いいって言うと思ったから…”あせあせ(飛び散る汗)


ついに、真ん中の子が”わーん”と泣き出してしまった。

”ぼくをさそってくれなかた〜”たらーっ(汗)

完全に人選ミスでした。 あせあせ(飛び散る汗)
一番下の子は、難しくて意味が解らず、
真ん中はとても観たかった…揺れるハート

こんな、お母さんだけど、これからもよろしくねあせあせ(飛び散る汗)黒ハート


posted by ゆきえ at 18:26| 愛媛 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 子供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。